#小説 連載開始!「理想か我流か、その指先に宿すのはーー」

「理想か我流か、その指先に宿すのはーー」
久しく会っていなかった舞の師匠から、今の舞を見せて欲しいと言われた青年。師匠の舞か、自分の舞か、果たしてどちらを選ぶ?

岩村亮君による<指先に宿るは>が、昨日から当ブログで公開されました!

美しい、と問われて思い浮かぶ姿は、いつも師匠が舞う姿だった。

師匠の舞は、見る者の瞳を縛り、見る者の呼吸を奪い、見る者の心を掴んで離さない。

師匠が舞っている空間は、全て師匠の独壇場と化す。

亮君の文章は
「一つ一つが綺麗、美しい。心をひきつけられる。そして文章の中に<私>がいる。」
そんな感想をもちました。

生活する中でどこか、自分も感じているその心が、亮君の文章の中にあるのです。

皆さんもそう思うかもしれません。

毎週月曜に更新予定。
指先に宿るは
お楽しみに!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる