生の高麗人参きんぴらー皮と細い部分を使うよ!

生の高麗人参レシピランキングですが
[clink url=”https://providence-blue.com/providence-members-rio/gourmet/32531″]

こちらに載せていなかったものを、ふと思いついて作ってみたところ、美味しい!!!

 

それは、高麗人参のきんぴら。

 

生の高麗人参を冷凍保存しようとおもったところ、余ったのが

皮と細い部分。

最初、捨てようかと思ったのですが
一般的な人参も、皮の部分に一番栄養があることを思い出し。

 

調べたところ、やはり生の高麗人参も、一番栄養があるのが皮と根っこ。

 

そこで思いついたのが、高麗人参のきんぴら。

 

一般的なきんぴらと同じ味付け。

<1>油多めでじっくり炒め、しっかりと油を高麗人参の中にいれる。焦げないように火加減注意。

<2>完全に油が高麗人参の中に入った!と思ったら
砂糖多め、しょうゆやや多め、みりん多めに入れる。(普段より1.5倍くらい?しょうゆの入れすぎは注意)

<3>しばらく、やや強めの弱火で煮る。大体、20分くらいかなー。

<4>煮汁が少なくなったところで、火をとめ、そのまま20分以上放置。
更に何時間かおいておくのもおすすめ。

 

これが美味しい。

ちょっとずつ、毎日食べるのもいいですよー。

 

いやー、高麗人参、いままで避けてましたが
これからは食べたいですねえ。

 

新しいレシピを思い浮かぶようにしてくださった神様に感謝!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる