【作ってみた】肉無し野菜だけ☆極旨の羽根つき餃子

【作ってみた】肉無し野菜だけ☆極旨の羽根つき餃子

野菜だけの羽根つき餃子を作ってみたところ・・・美味しかった!!!
皆さん、野菜食べてますか?!

 

「食べるとおり」に<体質>が左右され、「考えるとおり」に<性格>が左右される。
摂理の鄭明析牧師 明け方の箴言より

 

「高いスキンケア製品を買うなら、食べ物を変えたほうがいい」という専門家の話もあるくらい、食べ物というのは体の全てに影響を与えます。

今の自分の体は一か月前に食べたものの影響が出ているといいますよね。
野菜が体に良いことは皆さんご存知だと思います。
そしてなるべく野菜をとろうとしてる方も多いですよね。
「でも肉も食べたーい」(←私)

 

この野菜だけの羽根つき餃子は、そんな方におススメ!!

 

キャベツ、ニラ、キノコ、玉ねぎ、にんにく、しょうがを全てみじん切り。
玉ねぎは事前に炒めたほうが美味しい。
キャベツの水分に注意。

調味料(ソース、中華だし、醤油、塩)を混ぜ、餃子の皮に包んで焼くだけ。
羽根つき餃子にするなら、片栗粉を溶かした水をフライパンに並べた餃子の上からかけるのみ。
やってみると超簡単!

【作ってみた】肉無し野菜だけ☆極旨の羽根つき餃子2

 

パリパリ、じゅわーーーー。
肉無しなんて信じられないくらいの美味しさ!!

 

たくさん作って、冷凍にしておくと便利♪
餃子として食べるだけじゃなく、鍋に水をひたして餃子を入れ、煮崩れするくらい煮るとスープとして食べれますよー☆
ちなみにこの餃子をスープ化する技は、日本摂理の牧師さんから学んだ技。
牧師さんがまだ若かった(?!)頃、突然いらっしゃったゲストに対し 朝食に出すものが無くてコンビニ駆け込み、冷凍餃子を購入。スープとしてみたところかなり好評だったとか(^^)

ぜひお試しあれー♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

東京郊外出身、育ち、在住。保育事業代表、保育士資格所持。祖父は寺の住職。
高校生の終わりごろ、キリスト教福音宣教会の教会に来てから早20年超。食べるの大好き、漫画大好き、ディズニー大好き。人生を楽しみながら自由に味わっている。
好きな言葉は「実践してこそ得る」

目次
閉じる