病気のブログ記事を書く意味とは

最近、二つの摂食障害についての記事があっぷされました。

妊娠して摂食障害になった -食べることがつらかった時

摂理を恨んだー拒食症から過食症 摂食障害の日々、そして克服へ

 

この二つの記事以外にも、自分の病気に関してアップしている記事が幾つもあります。

 

私も自分が適応障害になったときの記事を書いたことがあります。

 

病気のブログ記事を書くとき、多くの人が思うことは
「どこまで書いていいのか」
ということではないでしょうか。

 

私もそうでした。

 

でも書き終わった時、そしてアップした時に思ったのは
間違いなく書いてよかったということ。

 

人生、生きれば嬉しいときも大変な時も、困難もあります。

 

神様は、どんなときでも共にしてくださるのが神様です。
神様は病気のときにどのように共にするのでしょうか。

 

そのことを伝えられることは本当に嬉しいことです。

 

また、何より自分にとってよいです。
考えが整理されますから。

 

このブログを読んでる方、もし自分が病気になったときの記事を書く感動が少しでもあれば
ぜひ書いてみてください。

 

神様も喜び、自分にとっても喜びになり、そして実体験を知りたがっている同じ病気を持つ人たちへの熱いメッセージとなるはずです。

投稿者プロフィール

RIO
RIO
東京郊外出身&育ち。保育事業代表。保育士免許&保育園勤務経験あり。
高校生の終わりごろ、摂理の教会に来てから早20年。

◆年齢:山ちゃんと同じ

教会内のあらゆる役割を経験。祖父、叔父はお坊さん。
 
【好きなもの一覧】
◆食べ物:野菜、味噌汁、卵、ラーメン
◆映画:踊る大捜査線、ジブリ
◆漫画:キャプテン、コナン、るろ剣、ちいさいひと、正直不動産など(あげたらキリなし)
◆キャラ:ピッコロ、剣心、般若、安慈、イガラシ、流川、三井、木暮、赤井秀一
◆ゲーム:ドラクエ、FF
◆芸能人、著名人:YOSHIKI、織田裕二、NON STYLE、サンドウィッチマン、ホリエモン、せやろがいおじさん
◆スポーツ:高校野球、フィギュアスケート
ブログにきてくださったみなさまへ 当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用・スクショ等の行為は一切なさらないようお願いいたします。
PAGE TOP