子供をなぜ叱るのか、説明をしよう

私もよく改心し、悔い改め、間違いを認める人です。皆さんもそういうことをしなかったら、神様の国を受け継ぐことはできません。

天の前で改心し、そして神様の前だけではなく兄弟(人々)に対しても間違いを改心しなければなりません。それが悔い改めです。そうした時、栄えていくようになります。

親が子供を叱った時も、「あの時腹が立ったのでそういうことをしたのだ」と説明をしてあげなければなりません。そうした時、子供が認めるようになります。そういうことをしないと子供たちも「うちの父は元々ああいう人だ。うちの母はああいう人だ」と言ってしまうんです。

皆さんも親に怒った時にはどうしてそうしたかを話さなければなりません。それでお互いにわだかまりを解かなければなりません。そういうことがたまってはいけないんです。

1998年11月15日 主日礼拝
主題:エホバに感謝しよう
本文:詩編118編1節
より抜粋

投稿者プロフィール

RIO
RIO
東京郊外出身&育ち。保育事業代表。保育士免許&保育園勤務経験あり。
高校生の終わりごろ、摂理の教会に来てから早20年。

◆年齢:山ちゃんと同じ

教会内のあらゆる役割を経験。祖父、叔父はお坊さん。
 
【好きなもの一覧】
◆食べ物:野菜、味噌汁、卵、ラーメン
◆映画:踊る大捜査線、ジブリ
◆漫画:キャプテン、コナン、るろ剣、ちいさいひと、正直不動産など(あげたらキリなし)
◆キャラ:ピッコロ、剣心、般若、安慈、イガラシ、流川、三井、木暮、赤井秀一
◆ゲーム:ドラクエ、FF
◆芸能人、著名人:YOSHIKI、織田裕二、NON STYLE、サンドウィッチマン、ホリエモン、せやろがいおじさん
◆スポーツ:高校野球、フィギュアスケート
  • 関連記事
PAGE TOP