幸せは行くー鄭明析牧師の詩

「幸せは行く」

吹雪吹く
人生の冬にも
幸せは行く。

患難苦痛
骨身に染みる生(せい)の中でも
私の希望は
成される。

あのいばらの道に
幸せは行く。

幸せは
誰にでも行くことはするまいと
吹雪と同行し
もがく苦痛の道に行く。

希望も
誰とでも暮らすことはするまいと
耐え忍ぶ人の所に
訪ねて行く。

‐中国で
 


あわせて読みたい
吹雪が吹き付ける冬でも―詩 吹雪が吹き付ける冬でも 歳月は行く 雨風台風が吹き荒れても 歳月は行く 患難迫害激しい苦痛が押し寄せても 幸せは来る 鄭明析牧師の詩   【詩人としての鄭明析】 ...

【詩人としての鄭明析】
1995年に月刊「文芸思潮」に登壇した後、「霊感の詩」4冊を発表。2011年に韓国100年史詩人に公式登録。2013年、各書店にて詩集ベストセラー。現在も、詩作の手綱を緩めることなく、今までに3000編あまりの膨大な詩を発表している。
鄭明析牧師とは
鄭明析牧師の詩一覧
鄭明析牧師公式サイト
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる