艱難、雨風もひと時です

「あなたがたは艱難を受け、苦しみにあっているとき、自暴自棄に陥らないで大胆に信仰生活をしなければならない」とおっしゃいました。

どんなことがあっても自暴自棄に陥ってはいけません。自分を愛していらっしゃる神様が自分と共に働いていらっしゃるということをいつも信じて突き進めなければなりません。自分を愛する人にはいつも働きかけていらっしゃるということを信じなければならないんです。大きな御心がある、理想がある。これを信じて突き進まなければなりません。

梅雨時に雨が降るのも、ひと時です。雨風もひと時です。みんな立ち上がって光を放ってください。神様が自分と共にし、私が共にし、みんなが共にしているということです。
1999年8月31日(火)朝の御言葉 主題:神の御心のままになさってください
 

あわせて読みたい
神様をよく信じて熱心に祈っているのにどうして困難が起こるのか 私たちが信仰生活をしながらいろいろ感じることがありますが「神様をよく信じて熱心に祈っているのにどうして困難が起こるのか」このように思うとき自暴自棄に陥るよう...

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次