2022 主日礼拝の主題と要約

キリスト教福音宣教会で2022年に伝えられた、主日礼拝(日曜礼拝)の主題と御言葉の要約です。(随時更新)
参考:キリスト教福音宣教会 公式御言葉twitter
2021年に伝えられた御言葉はこちら

目次

2022年1月2日 祈りと御言葉

聖句:ヨハネによる福音書1章14節/10章35節
<神様と聖霊様と御子と対話すること>がすなわち「祈り」です。<対話の中で話されたこと>がすなわち「御言葉」です。その御言葉をふさわしいとおりに伝えてあげるのです。祈らない人は、御言葉をもらうことができません。<祈り>は「全能者との対話」です。祈れば神様が話されます。それがすなわち「命の御言葉」です。この御言葉が深いです。聞くだけにしないで、悟りなさい。悟る人は一日も先延ばしせずにすぐに行います。根本を分かったからです。今年も普通にだけ見て学び聞くのではなく、「御言葉を聞いて悟る人」になるのです。悟る人は実践します。<祈りと御言葉>という今年の御言葉を悟らなければなりません。

2022年1月9日 聖霊と主の御言葉を聞いて悟りなさい

聖霊と主の御言葉を聞いて、どんな御言葉なのか意味を悟って行ないましょう。悟って行なってこそ、聖霊も主も助け、共に行なって得るようになり、願うことを成すようになります。
神様と聖霊様の御言葉を聞いて悟る人は我慢できずに早速行ないます。御言葉の意味を悟る人は目が開かれて見ることができます。

2022年1月16日 喜んで走りなさい

テサロニケ人への第一の手紙5章16節~18節
悟って喜んで走りなさい。そうしてこそ、つらくなくすべての使命を果たして生きていけるようになります。喜んで勤しんで走ってこそ、もっと得て、力が湧いて行なって、毎日世の中に勝って生きるようになります。
どうして喜び感謝し祈って生きるべきでしょうか。愛する天の人になったからです。主は御言葉でいらっしゃいます。御言葉は神様の御心です。わたしたちも主に従い御言葉が生活になって、神様の御心どおりに生きましょう。これが主に従う生です。

2022年1月23日 <御言葉の権勢>と<霊魂が永遠に生きる祝福>

ヨハネの黙示録14章6節
ヨハネによる福音書5章24節
ヨハネによる福音書6章58節
「まことにあなたたちに言う。あなたたちに最も大きな権勢を与えた。それは福音の御言葉だ。」
死と地獄に行く霊と肉を「何」をもって出てこさせるでしょうか。「永遠な御言葉」です。その御言葉によって永遠なる神様と聖霊様と御子と共に永遠に生きるようになります。
人は長生きしようとしてよい食べ物も食べ、滋養剤も飲み、さまざまな運動もしてもがきますが、<霊>が「永遠に生きること」がどれほど最高の祝福なのか悟りましょう。<悟って分かって行なう人>だけが永遠に生きるようになります。

2022年1月30日 神様の絶対予定と人間の責任分担による相対予定

エペソ人への手紙1章4節から5節
わたしたちはこのことを知らなければなりません。「予定」について学び行なうのです。
<神様に関すること>は「絶対予定」で、<人間に関すること>は「相対予定」です。
<相対予定>とは、神様が予定しておいても「行なえば」予定どおりに成されるし、「行なわなければ」予定しておいても成されないということです。
いくら人間たちのために神様がよいものに生を予定しておいて計画しておいても、それに対して<自分の責任>を果たしてこそ、神様が予定なさったとおりに成されます。
<行なわない人>は祝福を与えても受けることができません。

2022年2月6日 地上世界の天国と地獄の生

ヤコブの手紙2章26節
1 <開発してつくっておいて使うこと>と<つくっておかないで使うこと>とは、その環境が「天国と地獄」のような差です。
2 これと同じく、<自分を神様の御心どおりにつくっておいて生きること>と<つくらずに生きること>とは、その喜びと生が「天国と地獄」のような差です。
3 <自分の責任を果たしたとき>と<果たしていないとき>とは「天と地」のような差で、
4 <自分のものになったとき>と<なっていないとき>との喜びも「天国と地獄」のような差です。
5 愛するときと憎むときの差もそうです。
6 <行なった人の生>は「生きている生」で、<行なっていない人の生>は「死んだ生」です。

2022年2月13日 あなたを死から助けてくださった三位一体の恵みを悟って愛して生きなさい

詩篇23編1節、5節、6節
1 過去から現在までさまざまな死からあなたを助けてくださり
2 さまざまな死亡の苦痛でもがくとき慈しみと恵みを施して解決してくださいました
3 神様と聖霊様と御子主を忘れずに感謝し愛して生きなさい。
4 過ぎた日、全能なる神様と聖霊様と御子があなたの命を生かしてくださり、さまざまな地獄のような苦痛から出してくださったことを悟って、見なさい。
5 全能者の行ないが本当に神秘的で霊妙で不可思議で、ただ全能者だけが行なえることだと言って感嘆することでしょう。

2022年2月20日 働いてこそ、神様も聖霊様も主も来て助け、共になさる

テサロニケ人への第二の手紙3章10節
ヨハネによる福音書9章4節
1 各自すべきことをするとき、神様も聖霊様も主も助け、共に働かれます。
2 だから遊ばず、先延ばしもせず、約束したことを行ないなさい。
3 働いてこそ、神様も聖霊様も主も来て対話し、
4 その仕事を助け、仕事の知恵もくださり、力もくださり、喜んで行なうようにしてくださいます。

2022年2月27日 聖霊の啓示なさることをまず分別しなさい

コリント人への第一の手紙12章7~11節
1 皆さんがやろうとしていることについて、神様と聖霊様が願われる御心であるかどうか、まず分別しましょう。
2 人間が自ら見ても、聞いても、好きでも、分別できないのです。だから聖霊は人間に啓示し、万物を通して見せ、それもそれと同じくそうだと話されるか、御言葉を通して悟らせてくださるから、聖霊と主の御言葉を聞いて判断し分別しましょう。知恵は判断と分別です。分別して行なえば祝福と天国ですが、よい方に分別できずに行なえば後悔します。

2022年3月6日 全知全能なる神様であることをはっきり信じて愛しなさい

箴言3章6節
過ぎた日に神様があなたを死から救い、生かしたことを認め、是認しましょう。
そうすれば神様があなたのところに来て、聖霊様と主と共に行なわれ、話してくださり、わたしたちが祈り約束したことを成してくださるでしょう。
天地万物を創造なさった神様と聖霊様と御子が今もあなたたちの命を救い、すべての患難において共にして、勝たせるでしょう。
ノアとアブラハムとモーセとダビデに共になさったその神様と聖霊様が今も私たちと共にして、すべてのことを行っています。

2022年3月13日 神様の天地創造の目的の歴史は愛の引き上げの歴史だ

神様が天地万物を創造なさり人間を創造なさった目的があります。それは愛の御心を成すことです。
創られた人間たちが神様を愛し、神様は創造した人間たちを愛して、創造者の目的を成すために人間を創造なさいました。

2022年3月20日 神様のその深い心情を知りなさい

祈るときや生活するときや何かを神様に願うとき、望み求めることばかり話すのではなく、まず神様の心情を真実に分かってさしあげましょう。
神様の深い心情を悟って分かってさしあげ、熱い涙を川のように流して、願い求めましょう。
そうしてこそ、全能なる神様の心が解けて、わたしたちが願うことをしてくださいます。
人も痞(つか)えている心情を解かしてあげなければ、望んでいることを願い求めても、してくれません。
神様も聖霊様もその心情を分からずに求めたら、心情が痞(つか)え、もどかしくて、求めても行なってくださいません。
心情を分かってさしあげれば、神様とすぐに通じます。その時はじめて喜ばれ、話してくださり、胸の内を明かしてくださいます。

2022年3月27日 神様の目的は私たちの目的だ

ヨハネによる福音書15章9~10節
神様の目的は私たちの目的です。
だから神様は聖霊と御子と、いつも私たちに共になさるでしょう。
神様の天地創造の目的は神様の御心を成すことです。
神様の御心は私たちを死の世界から導き出して愛し、その愛でその目的を成し、私たちの霊と魂を愛して、永遠に天国の国で生きるようにすることです。
だからどんな困難があっても、大胆であって、神様と聖霊様をもっと愛し、永遠な嗣業を奪われないでください。
神様の御心を行なうからいつも私たちに共になさるのです。

2022年4月3日 神様と一緒に生きる生

ヨハネによる福音書14章20~21節
神様を信じて生きる人たちが、神様が自分と一緒に生きているということを分からずに生きることで心配し、憂え、悩むようになるのです。
神様と一緒に生きていなければ、神様が自分と一緒に生きていることが分かりません。
誰でも神様と一緒に生きる人は、神様が自分を愛して一緒に生きているということが分かります。

2022年4月10日 あなたは神様に会う時まで祈りなさい

イザヤ書55章6~9節
神様に会う時まで祈りなさい。会ってこそ、あなたが話すべきことを話し、神様がその祈りを聞いてくださるのではないですか。
もし会う時まで祈ることをしないなら、どうやって私たちが話せるでしょうか。神様がわたしたちの言葉を聞くことができるでしょうか。
だから神様に会う時まで祈って、願いを切実に話して、成就するようにしましょう。

2022年4月17日 神様をどうして信じるのか分かって信じなさい

ローマ人への手紙8章18節
神様と聖霊様をどうして信じ愛し仕え、その御言葉を守って行なわなければならないのか分からずに信じて生きたら、嬉しくもなく、大変で、熱心にやりたくもないのです。
全知全能で永遠なる神様と聖霊様と御子をどうして信じ愛し仕えるのでしょうか。
私たちの肉も魂も霊も死の世界で生きず、永遠な苦痛の地獄に行かなくなるからです。
だから永遠なる神様と聖霊様と御子を信じ愛し仕え、喜んで生きるのです。
遣わされた人を通して永遠なる神様について分かって、神様を信じ愛して聖霊の中で生きる人は、行なったとおりにその霊魂が天国で、神様と聖霊様と御子と共に永遠に喜んで生きるようになるでしょう。
だから私たちは互いに祈ってあげ、助け慰めて生きなければなりません。

2022年4月24日 神様の恩恵に報いる生を生きなさい

イザヤ書49章8節
全知全能なる神様が今まで私たちに与えてくださった恩恵に報いる生を生きましょう。
全能なる神様がご自身よりも私たちをもっと愛して大事にして生きてくださったから、その心情を分かって、あなたも神様を愛し、その御言葉を行なって、恩恵に報いる生を生きましょう。
神様は私たちを痛みと苦痛と患難の日に助け、永遠な苦痛の世界に行かないようにしてくださり、恵みの日に恵みを与え、愛すべき時に愛してくださり、救いの日に救ってくださり、貧しい時に助けて富むようにもしてくださいました。
神様は聖霊と私たちを救う人と共に、恩恵をお与えになりました。

2022年5月1日 神様の心にかなう心

マタイによる福音書22章36~40節
使徒行伝13章22節
民数記12章7~8節
私たちは全知全能なる神様の心にかなう生を生きましょう。
そうすれば神様も私たちが心にかなうから、共にしてくださるでしょう。
各自神様の心にかなうところがあってこそ、神様の心が向くのです。
この時代も神様の心にかなってこそ、その心で義と見なし、一緒に行なわれます。

2022年5月8日 私エホバがまことにあなたを助けてあげよう

イザヤ書41章10~14節
イザヤ書43章1~2節
まことにあなたを助けてあげるとおっしゃる神様です。「まことに」とは「どんなことがあっても」ということです。神様は私たちを助けてくださるかたです。神様は「あなたは私のものだ。」「あなたがどこに行っても私が共に行なおう。」とおっしゃいます。
過ぎた日に私たちが水の中を過ぎる時も、患難の火の中にいる時も、神様が私たちを救って生かしてくださいました。神様と共に行なえば栄えます。

2022年5月15日 神様の目的のために使って生きなさい

ガラテヤ人への手紙5章13節
神様が私たちを助けて恩恵をくださったのは、神様の目的を成すところに使うようにと与えたのです。
神様が私たちを創造し、必要な時にはいつもまことに私たちを助け、聖霊と共に恩恵を与え祝福したのは、神様の目的を学んだから、その目的を成すところに使い、神様を愛して生きるようにと与えてくださったのです。
私たちのために生きるようにとまことに助け与えたのではありません。天地万物と人間を創造した目的を成すところに使うようにと、まことに助け与えてくださったのです。

2022年5月22日 神様と一体になった生

マタイによる福音書5章47~48節
マタイによる福音書19章20~22節
ローマ人への手紙7章24~25節
人間は誰でも完全になるまでは苦痛があり、苦労をします。だから自分を完全につくりましょう。
完全で、神様と聖霊様と一体になったときに、苦痛がなくなり、楽になります。
神様と一体になるためには清くあるのです。
まことに愛してこそ一体になります。
一体になった人は完全な人です。

2022年5月29日 神様に完全な祈り、福音の始まり

マタイによる福音書6章6~7節
マタイによる福音書26章41節
エレミヤ書29章12節
ヤコブの手紙5章16節
創世記27章4節
全知全能なる神様は完全でいらっしゃいます。だから祈る人はみんな完全に祈りましょう。
神様の御心は完全です。
神様の中で、聖霊で行なうべきことを行なうことが完全です。
祈りなさいとおっしゃったから、完全に祈れば完全です。
完全な祈りでみんな完全に自分たちをつくり、願うものもつくりましょう。
自分が完全であってこそ、行なうことすべてを願うとおりに完全に行なうようになります。
願うとおりに完全に行なうから、だから完全な祈りをしてこそ、完全な御言葉をもらいます。
全能なる神様の御言葉を完全に伝え、完全に聞いて行ないましょう。

2022年6月5日 神様の行なわれたことを悟りなさい

詩篇49篇20節
詩篇107篇43節
詩篇119篇34節
ダニエル書12章10節
自分が行なったことを悟ろうとしてのみ、悟るようになります。神様の御心があって私たちに隠密に行なったことは、私たちが行なったけれども、分かりません。だから自分がどうしてそのように行なったか考えてばかりいないで、悟るために神様に尋ねてみて、願い求めなさい。その時神様は、どうして私たちがそのように行なったか悟るようにしてくださることでしょう。
 

2022年6月12日 神様と聖霊様に感謝、愛、栄光

ピリピ人への手紙4章6節
コロサイ人への手紙4章2節
詩篇100篇4節
詩篇9篇1節
天地万物と地球世界を美しく創造してくださり、毎日あなたを愛して助ける神様と聖霊様と御子に毎日感謝し愛し栄光を帰して生きなさい。過去も現在も未来も毎日あなたを助け愛して行なわれる神様と聖霊様と御子に毎日感謝し愛して栄光を帰しなさい。
 

2022年6月19日 聖霊様の考えと感動で行ないなさい

ヨハネによる福音書14章26節
エペソ人への手紙2章18節
コリント人への第一の手紙2章14節
いつも祈り、聖霊の感動で行ないなさい。聖霊の感動は自分の肉体の考えと異なります。自分の肉体の考えは自分の考えです。聖霊はすべてを分かって見て行なわれるから、聖霊の考えと感動で行ないなさい。そうしてこそ、その御心を行なって、主神様の御心が成されます。自分の肉の考えは聖霊の考えに逆らいます。だからいつも聖霊の考えで行ないなさい。聖霊は感動を受けたとおりに行なうようにさせ、その時その時ふさわしい人を通してすべきことと行くべき道を導いてくださることもなさいます。
 

2022年6月26日 人を貴重に見て悟りなさい

エベソ人への手紙1章18節
マタイによる福音書13章23節
箴言28章5節
全能なる神様が創造なさった貴重な万物も、普通に見るから普通に見えるのです。だから神様と聖霊様にも普通に感謝し喜んで生きていくのです。神様と聖霊様が心の目を開かせて、悟って見るようにしてくださらなければ、どれほど貴重なのか分かりません。
これと同じく、神様の形象と形どおりに貴重に創造した人々も、普通に思って接したら、普通に接して、普通に感謝し喜んで生きます。
神様と聖霊様が悟るように教えてくださり、悟るように心の目を開かせてくださってこそ、その時はじめてどれほど貴重なのか悟って、完全に感謝し喜び貴重に接して生きていくようになります。みんな心の目を開いて見て悟り、互いに貴重に接してあげ、三位と共に創造の目的に従って、毎日まことに貴重に生きていかなければなりません。
 

2022年7月3日 清くしなさい

マタイによる福音書5章8節
サムエル記下22章21節
コリント人への第一の手紙6章19節
コリント人への第二の手紙7章1節
私たちは神様の宮だから、体も心も霊もきれいにしなければなりません。清くする人は、公義に従ってその生に祝福をくださいます。古いものを置いたままでは、いくら大掃除をしてもきれいにならないように、時代的にも個人的にも古いものを抜け出さなければなりません。古いものと性根を切って悔い改めてこそ清くなることができます。清くしてこそ、三位も肉体という聖殿に臨んで一緒に生きてくださいます。神様の清い肉体になって生きなければなりません。内側を清くすることが、根本の問題を解決することです。内側とは心と精神と考えです。聖霊の感動で告白してこそ、清くなることができます。清くあってこそ、三位に最後までついて行くようになります。清くしてこそ、すべてのことを解決してくださいます。清くするためには深く祈り、罪を悔い改めることです。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次