2022 主日礼拝の主題と要約

キリスト教福音宣教会で2022年に伝えられた、主日礼拝(日曜礼拝)の主題と御言葉の要約です。(随時更新)
キリスト教福音宣教会 公式御言葉twitterに掲載された要約を引用、参考にしています。
2021年に伝えられた御言葉はこちら
 

目次

2022年1月2日 祈りと御言葉

聖句:ヨハネによる福音書1章14節/10章35節
神様と聖霊様と御子と対話することがすなわち祈りであり、対話の中で話されたことがすなわち御言葉です。祈りは全能者との対話です。根本を悟った人は一日も先延ばしせずにすぐに実践します。御言葉を聞いて悟る人になるのです。
今年の主題は「祈りと御言葉」です。御言葉は神様です。そして神様が遣わした人が神様です。
三位がいらっしゃるから心配しないでください。心が変わったら運命が変わります。御言葉を貴重に思って実践することを祝福します。
 

2022年1月9日 聖霊と主の御言葉を聞いて悟りなさい

聖霊と主の御言葉を聞いて、その意味を悟って行うのです。悟って行なってこそ、聖霊も主も助け、共に行なって得るようになり、願うことを成すようになります。御言葉を聞いて悟る人は我慢できずに早速行ないます。悟ってこそ、助けてくださったことが分かります。
悟る人は、目が開かれて見ることができます。分かって信じることが大事です。
願っているものがあるなら、それは持っているものの中にあるから探さなければなりません。御言葉を聞いて祈ってこそ悟ります。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる