特別支援学級は、全小学校にあるものではないの?

 

特別支援学級、障がい児支援は地域によってあったりなかったりする。

 

私が通っていた小学校は、特別支援学級が30年以上前からあった。
私自身が小学校に入学した時点ですでにあった。

 

人事異動してくる先生たちは
「特別支援学級があるから希望してきた」
という先生が一人や二人ではなかった。

 

当時の記憶があいまいながら
特別支援学級についての教育は
特に記憶にない。

 

記憶にあるのは
いつの間にか、特別支援学級の子達と一緒に
遊んでいた記憶だけ。

 

私の友達も
特別支援学級の〇〇ちゃんが可愛いとか
〇〇ちゃんも一緒に遊ぼうとか
そういう言葉を自然に言っていた。

 

少なくとも私の周りでは
特別支援学級を特別視することもなかった。

 

「一緒に遊んで楽しかったな」
という記憶が残ってる。

 

いつの間にか、特別支援学級の子と自然に遊べるように
先生がなにか働きかけてくれていたのかもしれないけれど
(・・・全く記憶に無いが・・・先生ごめんなさい( ;∀;))
そもそも、特別支援学級がうちの小学校にあったことは
今になって本当に感謝すべきことなんだと
冒頭のニュースを読むと凄く思う。

 

子供心に
「どの小学校にも特別支援学級はあるものだ」
と思いこんでいた。

 

身体の不自由を抱えた障がい者の叔父がいたことも大きかった。

 

私にとっては
何か教育を受けるより
実際に障がい者の方が周りにいたことが大きかった。

 

子供のころの記憶は
一生を左右するという。

 

このような環境におかせてくださった神様に、心から感謝します。

 

注;特別支援学級そのものがない学校でも、他の障がい者支援があったりもします。

 


あわせて読みたい
障害に対する鄭明析牧師の考え 障害に対する偏見が無くなったらいいなと思って、障害について書こうと思っているのだが、なかなかまとまらない。 下書き状態の記事が複数ある。 障害って本当に多岐に...

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる