香港のデモー香港に住んでる友人からの声

香港のデモ、非常に気になりますよね。
日本でも毎日のように報道されています。

日本からの留学生も、緊急事態として日本へ帰国しています。

実際に住んでいる香港人に現状を聞きました。

香港人Aさん
命が危ない、危害があるということは今のところはないんですけれども、生活が不便です。
デモで怖いから道を歩けないこともあります。

特に先週から道路が通行止め、電車が動かないなど交通がマヒしています。

そのため大学や会社、そして教会にも行けないことがあります。

大学は授業がストップしていたり、学期を早めに終わらせたりしています。
小中高も先週の水曜から授業がストップしています。

社会人の人は家でリモートワーク(在宅勤務)をしています。

コンビニやスーパーでは、人々が買いだめの状態で物が無くなったりしています。
銀行も早めに営業終わるなどしています。

 

この話を聞いて、一層祈らねばと思いました。

今の混とんとした状況、本当に祈りが必要です。

同じアジアの香港。愛する人たちが住んでいる香港。

・祈った結果で、大きい歴史が左右される
・祈りは人間ではなく、神様にすること

続けて祈り、香港の状況が一番良い形になるよう、本当に祈ります。

 

祈りの威力がどれくらいなのか私達は知らなければなりません。祈りの結果で大きい歴史が左右される事を知らなければならないということです。みんな祈ったことがあるでしょう。祈りは人間にする事でなく、神様にする事です。祈りは私達が信仰生活をする上で取り除く事のできない大きな道具の一つです。

この中には多分「私は祈っていないですが」という人もいるでしょう。しかし何かを望み願い求めていた事があるんじゃないですか。それも祈りに入る事です。祈りというのは何かを願う事です。そして真心を込める事です。哀願する事です。神様の心を感動させる事です。そして決心を下す時間です。決める時間です。自分の考え方を固める時間です。思想の釘を打つ時間です。だから祈る時間は非常に大事な時間です。

旧約聖書ダニエル書6:1−23を見ると、ダニエルが民族のために祈りました。「あなたを殺す」と言われても祈りました。祈る人は処罰を与えると言っても祈りました。
結局つかまって獅子の穴に落とされました。しかし祈ったので獅子たちも彼を殺すことはできませんでした。祈ったからそういうことが起こったのです。

他人事ではなく今の現実においてもこういうことが沢山起こっています。この世の中には獅子のような人が沢山います。また、狼のような人も沢山います。しかし祈ったらそういう人たちとぶつかっても彼らが口を閉じて何もできなくなります。祈ったら獅子が口を閉じるように口を閉じるということです。熱心に祈らなければなりません。

神様の心が感動を受け、ある結論を下したら、地球上の誰も手をつけることはできません。神様が結論を下してしまったらです。だから神様の前に行って先手を打たなければなりません。誰が先に神様の前に行って先手を打つかによって変わります。

みなさん、絶対祈るべきだと思ったでしょう。敵の心を溶かし、悪人の心を溶かし、気難しい人の心を溶かす祈りをたくさんしなければならないという事です。今日必ず祈りの恵みを受けて、祈る人にならなければなりません。

1987年2月15日 主日礼拝 主題:祈りの力 より抜粋

 




投稿者プロフィール

RIO
東京生まれ東京育ち東京在住(西の方)
教育関連事業、保育士、ライター、HP作成等。

高校生の終わりごろ、摂理教会に来てから早23年。
◆年齢:山ちゃんと同じ

教会内のあらゆる役割を経験。

祖父はお坊さん。
 
【好きなもの一覧】
◆食べ物:野菜、味噌汁、卵、ラーメン
◆映画:踊る大捜査線、ジブリ
◆漫画:キャプテン、スラムダンク、コナン、るろ剣など(全てあげたら書ききれない)
◆キャラ:ピッコロ、剣心、般若、安慈、イガラシ、流川、三井、木暮、赤井秀一
◆ゲーム:ドラクエ、FF
◆芸能人、著名人:YOSHIKI、織田裕二、NON STYLE
◆スポーツ:高校野球、フィギュアスケート
◆尊敬する人:強い、頭の回転が早い、頭がいい、柔軟
PAGE TOP