【アメリカ駐在妻 記事】「全米で祈ろう」トランプ大統領は祈りの人だった

この記事は、marieが書きました。
外資系勤務を経て摂理で結婚。アメリカで駐在生活3年目

アメリカのトランプ大統領は、3月13日にコロナウィルスによる危機のため
国家非常事態の宣言を出しました。

それに伴い、3月15日(日)を全米祈りの日とし、
国民に祈ろう、と呼びかけました。

トランプ大統領からの全米祈りの宣言は、これが初めてではありません。
2017年9月にも、ハリケーンで被災した地域と人々のために全米祈りの日を宣言しました。

また、全米祈りの日とまでいかなくても、
米軍のために、山火事のために、事故に遭った方のために、
より良いアメリカとなるために、祈ろう、と発信してきました。

中国に対して剛腕なところ、
女性や人種に対して偏見があるところなどは、日本で報道されていますが、
彼の「祈り」については記事にあがってこないのが残念です。

アメリカへ来てからトランプ大統領のTwitterをフォローしていますが、
初めて「祈ろう」というメッセージを見た時に衝撃を受けました。
彼に対するイメージが崩れていきました。

前オバマ大統領は、このように大々的に祈ろう、とは呼び掛けて来なかったと聞きました。

キリスト教色が控えられている情勢の中で、「祈ろう」と呼びかけた行動を見て、神様が彼を使われているところがあるんだろう、と思いました。

また、トランプ大統領本人だけでなく、アメリカの議会は祈りから始まります。
祈ってから、国のために議会が始まる。なんて信仰的なっ!
神様の前でひとつになろうとする姿勢は、見習いたいですね。

実際の祈りのシーン動画↓

トップ画像参照:Guardian News

 


投稿者プロフィール

marie
外資系勤務を経て摂理で結婚。アメリカで駐在生活3年目☆駐在妻として、暮らしや子育てのことを書いていきます!

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
PAGE TOP