[御言葉]祈りの責任分担とは

祈らなくても神様がただ、してくださったこともあります。しかし、ほとんどが人間の祈りの責任分担によって成されます。
 
責任分担に該当することは、絶対に祈った時に成されます。
 
責任分担がどれほど必要なのかを知ることです。自分が食べるご飯を自分が食べなければ、食べるまでお腹がすいているように、自分がすべきことを自分がしなければ、ずっとそのままです。自分がすべきことは、自分がしてのみ成されるように、祈りもそうです。
 
祈りも神様の前において、一つの仕事です。働く通りに仕事が進むように、祈る分だけ成されます。
2011年2月9日水曜日の明け方の箴言より抜粋
 

新約聖書 テサロニケ人への第一の手紙5章17節
絶えず祈りなさい。

 

あわせて読みたい
[神様]人間の運命は神様によって全て決まっているのか? 神様が全てを予定、決めておいたのでしょうか?人間が何をしようと、人間の運命は最初から神様によって全て決まっているのでしょうか? 神様がすべてを決めておいたので...

あわせて読みたい
【体験談】神様を信じていても学校の成績は良くならない? この記事を書いた人:凛 趣味は編み物と料理/中学・高校時代はオーケストラ部に所属/大学卒業後も勉強中/最近では仏語・独語などの言語の勉強にも挑戦/大学1年の夏にキ...

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次