マレーシアの治安・テロ ISIS(イスラム国)関与

2020 9/02
マレーシアの治安・テロ ISIS(イスラム国)関与

マレーシアは以前より、テロの可能性が高いと指摘されています。

この記事では、過去に起こったテロ及び、テロに関連するニュースをまとめました。

随時、こちらの記事は更新しています。

 

関連記事:フィリピン テロ-イスラム過激派アブサヤフの犯行か

目次

マレーシアの危険性

私はマレーシアに行ったことがあるが、全く危険さを感じませんでした。
皆、親切だったし、ビーチに財布を置いておいても、誰も盗んでいく人などいませんでした。
普段なら盗みなどに警戒心強い私でも、思わず ゆるっとした気持ちになってしまったのがマレーシアという場所でした。
安全と言われてる日本より安全なのでは?と思ったくらいです。

だから昨今、「マレーシアがテロ発生の危険がある」という話を耳にしても「なんで?」と正直なところ思いました。
そんな疑問から、近年の各種記事や外務省等の情報を調べてまとめました。

関連記事:海外旅行 犯罪被害を防止するには

 

ISIS(イスラム国)に情報提供 ハッカーの男を刑事訴追 2015年10月16日

russian-hacker

米司法当局は2015年10月16日までに、千人を超える米軍人や政府当局者の個人情報を盗み、ISIS(イスラム国)に提供したとして、マレーシア在住でコソボ国籍のハッカーの男を刑事訴追した。マレーシア当局は米国の要請により既に男を拘束。今後、米国に移送され、裁判にかけられる見通し。

ISISは入手した情報に基づき、米軍人らへのテロ攻撃をインターネット上で呼び掛けており、米当局者はハッカーと過激派組織の結び付きが摘発された初のケースとしている。

引用:47NEWS

マレーシアは最近、東南アジアを含めたテロリストの「ヒト、モノ、カネ、情報」の中継地点になっており、米CIAなど世界各国が監視の目を強化しています。

 

マレーシアは何故、テロリストの中継地点に?

27dc5e865640908daaa5644b2ebca209

マレーシアは、タイ南部とは陸続きで国境を接しており、インドネシア、フィリピン等、国外からテロリストが侵入を企てるのに比較的容易な状況です。これが先に記した<テロリスト達の中継地点>となっている理由です。

 

そのタイ南部では実際にテロによる死亡事件が起きている。2014年、タイ深南部30カ所で連続テロが発生。マレーシア国境のナラティワート県スンガイコーロク市(マレーシア首都クアラルンプールからは約300㎞ 東京から仙台くらい)では、死亡者が出ました。

スンガイコーロク
スンガイコーロク2

ホテル前、商店前などで爆弾が爆発し、イスラム教徒の女性1人が死亡、9人けがという惨事になっている。以下の写真2枚はその時のものです。

5624
5623
写真提供:Sunti Pattani

 

マレーシアでテロの可能性が高まっていた

943566

爆発事件現場の様子(タイ・バンコク 2015年8月17日)出典:Getty Images
マレーシア警察は、2015年8月17日、18日にタイのバンコクで発生した連続爆弾テロ事件(20人の死者と125人の負傷者)に関して中国の少数民族ウイグル族4人やマレーシア人を含む8人の身柄をマレーシア国内で拘束したことを発表しましたが、マレーシア警察およびマレーシア政府はテロの可能性が強まったとして自国民にテロを警戒するよう呼びかけていました。

また、テロ実施者の入出国を防ぐために、タイ・インドネシア・ブルネイなどの隣国との国境警備および入出国管理を厳格化していました。

 

関連記事:2016.3.23ベルギー同時テロ

世界各国もマレーシア内にいる自国民に警戒を呼びかけていた

thumb
テロの可能性が高まったとされたマレーシアのジャラン・アロー 出典:トリップアドバイザー

 

アメリカ大使館などの欧米各国では、テロの可能性が強まったとして、大使館関係者および自国民に対して十分に警戒することを呼び掛けており、常にテレビや新聞などのニュースを確認するなどにより最新の状況を把握し、不用意にイベント会場に集まることや、地元民への接触を避けることを呼びかけています。
アメリカ大使館は、2015年9月24日にクアラルンプール中心部の、屋台街として賑わうジャラン・アローでテロの企てがあるとして、自国民にジャラン・アローとその周辺を避けるよう呼びかけました。
その他のイベントなどにより不特定多数の人が集まる場所はテロの対象となる恐れが多いため、不用意に集まらないように注意を呼び掛けています。

 

マレーシア日本国大使館もテロへの注意喚起

2015年9月25日の注意喚起

Techinsight_20150925_139250_1
在マレーシア日本国大使館も2015年9月25日、<クアラルンプール市内におけるテロの脅威に関する注意喚起>と題して発信。

また日本大使館に関しても、2015年9月にISIS(イスラム国)が諸外国にいる同士に対し
「ボスニア、マレーシア、インドネシアにある日本の外交施設(同使節団)を襲撃のターゲットにせよ」と呼びかけるなど、緊張は一気に高まっていました。

 

2016年7月6日の注意喚起

クアラルンプール市内では、ブキッ・ビンタン地区のアロー通り及びその周辺でのテロ事件が発生する可能性が否定できないとし、
諸外国の例から考えると、各種休日や記念日に空港や駅、外国人観光客が多数訪れるホテル、レストラン、バー、ショッピングモール、
および観光地などでテロ活動が行われることが多いとしています。
マレーシア:クアラルンプール市郊外における爆弾テロ事件の発生に伴う注意喚起2016年07月06日

 

マレーシアへの関与を深めるISIS(イスラム国)

2023-09-30T111524Z_597206505_GM1EA9U1H5Z01_RTRMADP_3_MIDEAST-CRISIS-WHEAT

c Photo: REUTERS/Stringer/Files

マレーシアはここ2年間で、ISISとの関わりがあるとして100人以上を逮捕しています。

2014年8月には,ISISに忠誠を誓ったとされる複数のマレーシア人が,首都クアラルンプール近郊の外資系企業の工場などに対する攻撃を計画していたことが明らかになった。

警察によると、彼らの主な逮捕容疑は、過激派組織の「活動資金集め」、「武器の調達」、「戦士のリクルート」とされているが、中にはマレーシア国内でテロを企てたとされる者や、公務員、軍関係者なども含まれています。

シリアにおいては,マレーシア人やインドネシア人など,マレー語圏出身者で構成されるISISの部隊が新たに結成されたとの報道もあります。
関連記事:バングラデシュ テロでの実行犯は、マレーシア留学中にで影響を受けたのか?

 

テロが起こる要因は内側にも?

テロが起こる要因は決して、外部からの働きかけのみではないと言われています。
2015年9月、マレーシアのクアラルンプールでナジブ首相の汚職疑惑をきっかけに、2日間に渡り大規模デモが行われました。
国への何らかの不満があるとき、そこに過激思想が入り、若者を突き動かすことになる背景があるとテロの専門家は答えています。

 

マレーシアでイスラム国ISISが関与したテロ事件が初めて発生 2016年6月28日

マレーシアで2016年6月28日、首都クアラルンプール近郊のセランゴール州にあるナイトクラブ バーに手投げ弾が投げ入れられ、8人がけがをしました。

実行犯のうちに警察官も

現地の警察は、過激派組織イスラム国ISISの指示を受けたマレーシア人の男2人を逮捕したと発表。
事件に関係して実行犯とされる男2人を含む15人を逮捕。
うち2人は警察官で、1人はISIS要員をかくまった疑い、もう1人はイスラム国ISISの資金集めを目的とした窃盗にかかわった疑いが持たれています。

また、関係先を捜索した結果、ISの旗などが押収されたということで、
事件に関わったとみられる別の男2人についても警察が行方を追っています。

警察は当初、イスラム過激派組織などによるテロの可能性は低いという見方を示していましたが、
後にムハンマド・ワンディ容疑者がフェイスブック上に、襲撃はISISの信奉者によって実行されたとする声明を掲載。
マレーシアのハリド警察長官は4日、国営通信を通じて、実行犯のマレーシア人の男2人を逮捕し、
男らがシリアで活動するISの戦闘員の指示を受けて犯行に及んだことを明らかにしました。

参考記事:ラマダンとは何か?なぜラマダン明け付近にテロが起こるのか?

 

首相や警察幹部などに対する襲撃を計画していた

マレーシア人戦闘員 ムハンマド・ワンディ容疑者は、ナジブ首相や警察幹部などマレーシアの要人に対する襲撃を指示していたとされます。
イスラム国が2014年、イラクとシリアにイスラム国家の建設を宣言して以来、
マレーシア警察は9回にわたって同国に対するテロ計画を未然に阻止してきました。

 

マレーシアに対する脅威は今後も続くとされる

テロ対策の専門家は今回の事件について、ISISの思想が東南アジアにまで拡大し、確立されていることの表れだと指摘。マレーシアに対する脅威は今後も続くと予想しています。
バングラデシュの首都ダッカで起きた人質テロ事件では、容疑者グループのうち2人(1人はリーダー格)がマレーシアの同じ大学に留学していたことが分かっています。

 

関連記事:バングラデシュでテロ-イスラム国IS関与か

 

テロ警戒続く、中東からの渡航者にビザ検討 2016年7月14日

マレーシア政府は、国内の空港や鉄道サービス利用者のスクリーニングを行うほか、中東からの渡航者にビザ取得を義務づける方向。
警備の人員や監視カメラの数も増やす。

ハミディ副首相は、国内の大学内にISの影響が及んでいないかを政府機関として監視する考えを示した。
高等教育省も今週、ISの影響への対策を講じるための会合を実施する。
留学生受け入れのワンストップサービスを担うEMGSと移民局が協力し、マレーシアに留学のために入国する外国人のスクリーニングを行うことにも言及。

 

警察テロ対策部門トップ、イスラム国から殺害予告 2016年7月14日

マレーシア連邦警察公安部の反テロ特別部門のトップを務めるアヨブ警視長はこのほど、
中東の過激派組織「イスラム国」(IS)から殺害予告を受け取ったことを明らかにした。

 

イスラム国への勧誘役らを14人逮捕 爆弾テロ計画 2016年7月23日

マレーシア警察当局は23日、警察幹部を狙った爆弾テロを計画したとして20~49歳の男女14人を逮捕したことを明らかにした。
ロイター通信などによると、容疑者の中には、過激派組織「イスラム国」(IS)の勧誘役の男も含まれているという。
北部クダ州で逮捕された男(49)はイスラム国IS幹部で、シリアへの渡航を手助けしていた疑いが持たれている。マレーシアからは約50人がイスラム国に参加したとされる。

 

ISは東南アジアに拡散しているー東南ア諸国と豪、対「イスラム国」初の閣僚級会合  2017年7月29日

インドネシアとオーストラリア、フィリピン、マレーシア、ブルネイ、ニュージーランドの6カ国は29日、フィリピン南部など東南アジアで活動を活発化させる過激派組織「イスラム国」(IS)対策を話し合う初の閣僚級会合を開いた。

この会議は、ISの戦闘員が海を渡って密入国することを防ぐため、周辺国による海上警備の強化や各国の情報機関の連携を確認するためであった。

比南部ミンダナオ島でISを信奉する過激派が治安部隊と激しい戦闘を繰り広げていることを念頭に、戦闘員の密入国の阻止や武器・資金源の摘発、ネットによる過激思想の拡散防止などを協議した。

会議では、比ミンダナオ島沖でインドネシアやフィリピン、マレーシアが実施している海上合同警備の拡充も議論された。参加国を増やすことなどが検討されたもようだ。

比南部を巡っては、過激派の活動は収まっていない。インドネシアやマレーシアなど近隣国から外国人戦闘員が密航していることに加え、周辺国経由で資金や武器が流入していることが要因とされる。周辺国が協力してテロを封じ込めることが欠かせない。

ISは東南アジアに拡散している。ジャカルタでは5月、IS信奉者による爆弾テロで死傷者が出た。8月にフィリピンで開催される東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)や関連会合でもISを含むテロ対策は重要議題となる。

 

KLでテロ摘発活動、400人超の外国人に聴取 2017年8月6日

マレーシア連邦警察の特別対テロチームは6日、クアラルンプール(KL)で大規模なテロ容疑者摘発活動を実施した。

 

マレーシアの治安が守られますように

port-klang-malaysia

マレーシアには摂理メンバーも多くいます。摂理メンバーもマレーシア国民も、必ず一人一人の命全てが守られ、安心に暮らすことが出来るよう切に祈ります。

 

20141111-15_Ja
神様と聖霊様と御子が<宇宙万物>と<地球世界全体>を「自分」
にだけ与えてくれたと考えて、聖三位に感謝し、聖三位を愛して生きなさい。
そうすれば、<宇宙>と<地球>をすべて得たかのようにうれしく、幸せだ。
そして、その分だけ管理するようになる。
摂理の鄭明析牧師 明け方の御言葉より

 

いまや、自国の為だけに祈りを告げる時代は終わりました。
神様が愛する世界各国の為に祈る、それが今の時代に生きる信仰者としての在り方です。
世界の為に一言でも祈るなら、行なうなら、必ず世界は違ったものとなります。

 

20151021-1-3_Ja
もう少しやれば、運命が変わる。
もう少しやれば、問題が答えに変わる。
もう少しやれば、違った世界だ。
摂理の鄭明析牧師 明け方の御言葉より

 

関連記事:
ベトナム戦争で人を憎むことなく生きて帰ってきた牧師の話
終戦70年から思うこと
愛したことで人が癒された話
愛とは
2016.7.14ニースのテロ含むフランスのテロについて

参考:
アセアン情報サイト
マレーシアニュース
エキサイトニュース
外務省
PSIA公安調査庁
産経ニュース
newsclip(Necos ( Thailand ) Co., Ltd.)
CNN
毎日新聞
NHK

この記事を、FaceBookいいね またはTwitterでシェアよろしくおねがいします!!

 

LINE@の登録もお願いします(^^
友だち追加

投稿者プロフィール

RIO
東京郊外出身&育ち。保育事業代表。保育士免許&保育園勤務経験あり。
高校生の終わりごろ、摂理の教会に来てから早20年。

◆年齢:山ちゃんと同じ

教会内のあらゆる役割を経験。祖父、叔父はお坊さん。
 
【好きなもの一覧】
◆食べ物:野菜、味噌汁、卵、ラーメン
◆映画:踊る大捜査線、ジブリ
◆漫画:キャプテン、コナン、るろ剣、ちいさいひと、正直不動産など(あげたらキリなし)
◆キャラ:ピッコロ、剣心、般若、安慈、イガラシ、流川、三井、木暮、赤井秀一
◆ゲーム:ドラクエ、FF
◆芸能人、著名人:YOSHIKI、織田裕二、NON STYLE、サンドウィッチマン、ホリエモン、せやろがいおじさん
◆スポーツ:高校野球、フィギュアスケート

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

関連記事

目次