女性差別「女は黙って天気でも読んでろや」って何ー安藤優子キャスターインタビュー

ニュース生番組を40年以上、続けてきた安藤優子さん。
私は頭の回転が早い安藤優子さんが好きで、よく番組を見ていました。
あんなにテキパキ番組を進行するって凄すぎです。
緊急事態、災害のときも安藤さんはずっとキャスターとしてニュースを伝えてくれていました。

私はちょっと疲れたも、ハキハキ話す安藤さんを見て元気をよくもらっていました。

その安藤さんのインタビュー記事。

文春オンライン
「女は黙って天気予報でもよんでろや」安藤優子が反発した“オッサンだらけの職場”のルール | 文春オンライ... 「テレビで帯のニュース・情報番組をやっている50代以上の女性って、実は私と安藤さんだけだったので」日本テレビ「news zero」でキャスターを務める有働由美子さんは、「...

 

私がこの世界に飛び込んだ40年前も、私の前を歩いている先輩たちがいましたが、当時は「女は黙って天気予報でもよんでろや」という世界でした。
引用:文春記事

なんて世界だ。実際に言われたかどうかはおいといても、このような空気感があったのはほぼ確実でしょう。
私の母も長年、仕事でトップを走り続けてきました。
女であるがゆえに大変だったこともあるようです。

(ちなみにお天気お姉さんも相当努力してこそなれるものだという特集を、私は見たことがあります)

報道にいた女性の先輩が結婚したとき、男性スタッフが「あいつも一線から降りるんだな」って言ったんです。出産どころか結婚も足かせとされるのか、と暗澹たる気持ちになったんですが、最近、変わってきましたよね。
引用:文春記事

これねー。私の母は兄と私を産んでも、仕事は辞めませんでした。バリバリ第一線で走っていました。母のその姿は私の誇りです。そんな母のもとで育ったので、私は結婚=一線からおりるというのは全く考えられないことでした。

最近の風潮が変わってきて良かった。
その裏には多くの女性たちのもがきがあったんですよね。

過去、女性の人数が数えられていなかった時代もあったことをご存知ですか?

今から2000年前のイエス様の時代は勿論のこと、

人間が真に自由と平等であるなら、当然女も・・・。だが、革命が起こっても、女性は市民にも数えられていないのが実態ではないか!

これはフランス革命(1795年)、フェミニズム理論家グージュが話した言葉。
18世紀はまだそんな時代。今からたった200年前。

女性の権利、社会的地位が向上しはじめたのは19世紀に入ってからだそう。

今は男性だから、女性だからということを語ることすら時代遅れとも言われます。

神様の前で全ての人は平等。
神様は男性も女性も関係なく、全ての人を愛してくださる。

本当の意味でこれからも性別関係なく、全ての人達が幸せに生きられることを願います。

あわせて読みたい
黒人差別よ 完全に無くなれー非暴力のキング牧師 「アメリカでの黒人差別は、少しの間だけ日本人がアメリカに住んだとしても感じにくいものだ」 アメリカでの生活が長かった日本人の友人は、そのように私に話した。 ア...

あわせて読みたい
鄭明析牧師が人種差別について話された内容 ベトナムでアメリカ人と一緒に働いたことがありますが、その中には白人も黒人もいました。黒人たちはコンプレックスを持っていました。それで私が「肌がやわらかい」と...

あわせて読みたい
台湾原住民とは?-台湾に行くなら知っておこう! 台湾には<台湾原住民>と呼ばれる人達がいます。 日本でいう先住民と同意義ですが、<台湾原住民>という言葉は台湾政府が定めている言葉です。 台湾原住民とは、はた...

あわせて読みたい
【NEWS】障害があることを隠すべきだと、いつ神様がおっしゃったのか?ー相模原障害者施設殺傷事件 被... 【植松被告から手紙 改めて差別】相模原市の障害者施設で起きた45人殺傷事件から約1年、被告の男が日本テレビの取材に対して、手紙を寄せた。その中で障害者への偏見を...

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる