伝道、そのやりがいと苦痛(1)ー鄭明析牧師

鄭明析牧師 伝道
鄭明析牧師が歩んだ生涯の記録
伝道、そのやりがいと苦痛ー私だけが歩んできた道より

蒸し暑い夏も過ぎ去り、雨粒がかなり冷たい季節が来てしまった。誰かが催促しなくても、秋雨は一日中降り注ぐのだ。この秋雨さえ止めば、寒くても田畑に出かけるのに、雨が止んでくれない。私の心の袋いっぱいに入れておいた福音の種が蒔かれる前に、心の袋の中でそのまま芽を出してしまうのではないかと心配になる。

天気がよくても田畑に行かなくては・・・と肉体のことであせる心よりも、むしろ福音の種を持って人の心の畑に出て行きたいという思いが湧き出てくる若き時だった。月日が過ぎ去り、年が変わることにも気付かず、日々伝道に出かけることだけが私の人生のすべてであり、生きがいであった。当時の私に大きな願いがあるとしたら、それは誰かがご飯さえ食べさせてくれるなら、一生をかけて伝道に出かけたいということだった。自分が救われた価値を真に悟り、命の貴重さを根本的に悟らない限り、伝道に出かけることは本当に難しいということを、私はその時深く悟った。

その時は私の思春期であって、雄牛のように農村であくせく働かなければならない時であった。農村だから一日も自由にさせてくれそうにないくらい家では忙しく、やるべき仕事があまりにも多かった。主日でも教会から帰ってきてからすぐに着替えて、必ず田畑に働きに出なければならなかった。両親がまだ伝道されていない時だったから、信仰生活を送るのが難しく、教会に行くことさえも機嫌を取らなければならなかった。ある時などは父親の雷のような怒鳴り声のために、教会に行くことがどれほど難しかったことか。まるで北朝鮮から亡命するくらいに難しい時もあった。

しかし私に限らず、7人の兄弟が、両親の反対で主日を守ることができなかったことはなかった、とはっきり記憶している。だが、主日礼拝に参加するためには、月曜日からたくさん働かなければならなかった。やることが山ほどあるのに、それでも教会に行くことは許されなかったからである。そのため日曜日が来るまで毎晩夜遅くまで働いたが、それでも農村ではやることが山積みだった。大人たちがよくする話の中に、死ねば働かなくなるという話がある。本当に田舎には死ぬまでにやるべき仕事があまりにも多い。冬になって雪が積もったら、やる仕事は少しは減るが、それでもなおやることは山積みだった。特に私の故郷は高麗人参、特殊作物を栽培する錦山地域だったので、手足を休める暇もなかった。
続く
伝道、そのやりがいと苦痛(2)ー鄭明析牧師

冒頭画像出典:鄭明析牧師公式サイト


あわせて読みたい
死のうとすると青春が惜しく、生きようとすると苦労ばかり(1)ー鄭明析牧師
死のうとすると青春が惜しく、生きようとすると苦労ばかり(1)ー鄭明析牧師文献:「私だけが歩んできた道」より日差しが焼け付くように照りつけ、地表からは熱い蒸気が、まるで蒸し風呂の戸を開けた時のように燃え盛る火となって立ち昇ってくる...

あわせて読みたい
鄭明析牧師「母は私の前で涙をたくさん流した」
鄭明析牧師「母は私の前で涙をたくさん流した」人生を生きて、波瀾万丈の紆余曲折を経ていない人はいません。人々はよく「私ほど苦労した人はいないだろう」と嘆いたりします。お互いに人生の対話をしたことがありま...

あわせて読みたい
「いつも泣いて人生を悲しんで嘆いていた。みんなが私を避けた。」鄭明析牧師
「いつも泣いて人生を悲しんで嘆いていた。みんなが私を避けた。」鄭明析牧師泣くからと言って、泣くことで終わってしまうのではなく、いつかその人が笑うようにもなるという事です。皆さんが悲しんでいるからといって、悲しみで終わってしまうの...

あわせて読みたい
【鄭明析牧師とベトナム戦争】神様を信じていても苦労はする
【鄭明析牧師とベトナム戦争】神様を信じていても苦労はするベトナム戦争に実際行ってみたら、すごい死の恐怖の中で大変だし、苦しかったんです。神様に祈ったんです。ここで生きて帰れるようにと祈ったんです。死の恐怖というの...

あわせて読みたい
いつも心配していた青年 鄭明析牧師(前編)ー何故神様を愛するようになったのか
いつも心配していた青年 鄭明析牧師(前編)ー何故神様を愛するようになったのかどうして私が神様を愛したでしょうか。私は飢えと寒さに悩み、いつも心配していました。何を食べたらいいんだろう、何を着ればいいんだろう、どうやって生きていけばい...

あわせて読みたい
鄭明析牧師が人種差別について話された内容
鄭明析牧師が人種差別について話された内容ベトナムでアメリカ人と一緒に働いたことがありますが、その中には白人も黒人もいました。黒人たちはコンプレックスを持っていました。それで私が「肌がやわらかい」と...

あわせて読みたい
鄭明析牧師がパラリンピックを見たときのこと
鄭明析牧師がパラリンピックを見たときのこと私の身内には障害を抱えた方がいらっしゃいます。でも私はそれに対して何か気にしたことがありませんでした。私が物心つく前からずっと接していたので、何か特別に思う...

あわせて読みたい
摂理の鄭明析牧師ー台湾有力紙 新新聞にて掲載
摂理の鄭明析牧師ー台湾有力紙 新新聞にて掲載台湾の有力紙 新新聞に鄭明析牧師の記事が掲載された。 掲載された新新聞の表紙 鄭明析牧師の記事掲載部分【摂理教会ー詩人牧師が見た10年の鉄のカーテン...

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる