[Blog]感謝は私の人生のテーマです

感謝は私の人生のテーマです

今週の主日礼拝、このような御言葉でした。

天地万物と地球世界を美しく創造してくださり、毎日あなたを愛して助ける神様と聖霊様と御子に毎日感謝し愛し栄光を帰して生きなさい。
過去も現在も未来も毎日あなたを助け愛して行なわれる神様と聖霊様と御子に毎日感謝し愛して栄光を帰しなさい。

感謝は私の人生のテーマです。

神様に感謝する人生を、その行動をもって教えてくれたのは紛れもなく先生(鄭明析牧師)です。

今からだいぶ前のこと。適応障害の病を患っていた私は、先生に手紙で相談をしました。

適応障害のことだけでなく、教会の様々なことも私にはかなり負担な時期でした。教会に来てこの時期が最ももがき、最も大変でした。身も心もズタズタでした。

そして。

先生からきた返事は「感謝しよう」をテーマにつづられていました。

どん底にいた私を、「感謝」が救い出してくれました。感謝したくても感謝できない状況だった。それでも小さな感謝を一つ一つ積み上げていった結果、這い上がってくることができたのです。
 
あのとき、ただ「なぐさめ」られるような言葉だけだったら、私は這い上がってくることはできず、今もどん底のままだったはずです。

先生自身も、さまざまな逆境の中でも、神様に感謝を捧げた人生を送られてきたかたです。鄭明析牧師についてはこちら

私が神様に捧げる感謝は、小さいけれども。
それでも神様に感謝を捧げることを知らずに人生を終えていたら?と考えると、あまりにも怖いです。

神様に感謝することを知れたこと自体が感謝です。

神様に感謝する前から、神様はあまりにもたくさんのことをしてくださいました。

今週も神様にたくさんの感謝を捧げていきます。

旧約聖書に出てくるダビデは、感謝できない状況で感謝を捧げました。

あわせて読みたい
[聖書]ダビデが神様に栄光を帰してどうなったか? 時代的に見た時、神様に栄光を帰して、喜んで、感激して生きた時代は平和な時代でした。 ダビデ王、ソロモン王の時代はどうだったでしょうか。 ものすごい困難があって...

先生はダビデのことも、よく話してくださいます。今日の礼拝でもダビデの話が出てきました。

関連記事

あわせて読みたい
[聖書]ダビデとゴリアテ、サウル王ー10代の頃から神様に没頭したダビデ 【ダビデは10代の頃から神様を愛した】 寂しく、荒涼とした野原で生きるために羊を飼い、孤独と寂しさの中で笛を吹く幼い少年がいました。人は生計を立てるため、肉体の...

あわせて読みたい
[聖書]ダビデは神様への絶対信仰で生きた ダビデは困難なことに出会った時、悪人たちが追いかけて苦しめる時、「ただ私を救うべき方は神様しかいない」と切に祈りました。神様に向かう絶対的な信仰を持って生き...

あわせて読みたい
[聖書]ダビデは恐ろしさの中でも神様から揺れなかった ダビデは幼い時から神様を絶対的な権能者として、あるいは牧者として考えて、自分自身を助けてくれる人として考えて生きてきました。だから神様が幼な子を選んで、イス...

あわせて読みたい
旧約聖書 詩編32編 ダビデはどのようにこの詩を書いたのか 詩篇32篇のダビデの詩が本文です。 第32篇 ダビデのマスキールの歌 32:1そのとががゆるされ、 その罪がおおい消される者はさいわいである。 32:2主によって不義を負わさ...

あわせて読みたい
[聖書]ダビデは祈る有名な勇士だった 旧約で欠かすことのできない戦争の英雄ダビデ王は、少年時代から神様に頼り、祈る有名な勇士でした。少年時代のダビデは、イスラエル民族の代表としてペリシテ軍の長官...

あわせて読みたい
[聖書]神様の心情を分かった人たち 聖書を読むと、神様が<ご自身の心情を分かってくれる祈り>を聞かれて、心が解けて、「問題」を解決してくださったことがたくさんあります。 ヒゼキヤ王がもうすぐ死ぬ...

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる