[聖書]ダビデが神様に栄光を帰してどうなったか?

時代的に見た時、神様に栄光を帰して、喜んで、感激して生きた時代は平和な時代でした。

ダビデ王、ソロモン王の時代はどうだったでしょうか。
ものすごい困難があっても、すべてなくして、神様に栄光を帰していきました。
ダビデはいつも神様に歌いました。歌う人たちを呼んできて、宮殿でいつも歌わせました。自分が栄光を受けるより、神様に栄光を帰しました。

ダビデは神様のことを完璧に、はっきり知っていました。

それはどうやって分かるのかというと、「私は神様の宮の門番で満足です。神様、栄光を受け取ってください」(旧約聖書詩篇84篇10節)と言って、歌う人たち、踊る人たち、神様を喜ばせる人たちを集めて、神様に栄光を帰するようにさせました。いつも、ダビデの宮殿では歌声が絶えませんでしたが、その栄光の主人公は神様です。ダビデはいつもその人たちを導き、統率し、ダビデが神様を愛するから、ダビデがいつも一緒に行って栄光を帰すことを神様は願っていらっしゃいました。

ダビデの時代に隣国からの侵略もたくさんありましたが、ダビデが直接行っていつも大破しました。ソロモンの時も、神様に栄光を帰するために大きい聖殿を建て、自分が住む家も建てて、栄光を帰しました。旧約聖書 列王記(下)を読んでみても、ヒゼキヤ王の時も、神様に栄光を帰して生きていたことが分かります。

栄光というのは、いろいろ考えることができます。神様が願っていらっしゃることをして差し上げることです。一言で言うならばそうです。より具体的に言うならば、歌って踊って、神様に仕え、愛し、条件を整えて愛すること。それが神様に栄光を帰することです。

このようにして無限の歴史が広げられてきた旧約歴史です。

2020年1月7日(火)栄光行事の御言葉より

 

関連記事

あわせて読みたい
[聖書]ダビデとゴリアテ、サウル王ー10代の頃から神様に没頭したダビデ 【ダビデは10代の頃から神様を愛した】 寂しく、荒涼とした野原で生きるために羊を飼い、孤独と寂しさの中で笛を吹く幼い少年がいました。人は生計を立てるため、肉体の...

あわせて読みたい
[聖書]ダビデは神様への絶対信仰で生きた ダビデは困難なことに出会った時、悪人たちが追いかけて苦しめる時、「ただ私を救うべき方は神様しかいない」と切に祈りました。神様に向かう絶対的な信仰を持って生き...

あわせて読みたい
[聖書]ダビデは恐ろしさの中でも神様から揺れなかった ダビデは幼い時から神様を絶対的な権能者として、あるいは牧者として考えて、自分自身を助けてくれる人として考えて生きてきました。だから神様が幼な子を選んで、イス...

あわせて読みたい
旧約聖書 詩編32編 ダビデはどのようにこの詩を書いたのか 詩篇32篇のダビデの詩が本文です。 第32篇 ダビデのマスキールの歌 32:1そのとががゆるされ、 その罪がおおい消される者はさいわいである。 32:2主によって不義を負わさ...

あわせて読みたい
[聖書]ダビデは祈る有名な勇士だった 旧約で欠かすことのできない戦争の英雄ダビデ王は、少年時代から神様に頼り、祈る有名な勇士でした。少年時代のダビデは、イスラエル民族の代表としてペリシテ軍の長官...

あわせて読みたい
[聖書]神様の心情を分かった人たち 聖書を読むと、神様が<ご自身の心情を分かってくれる祈り>を聞かれて、心が解けて、「問題」を解決してくださったことがたくさんあります。 ヒゼキヤ王がもうすぐ死ぬ...

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次