私をどのように教えつくって下さったのか(3)ー鄭明析牧師

鄭明析牧師が歩んだ生涯の記録 わたしが歩んできた道より
作成:1995年
あわせて読みたい
私をどのように教えつくって下さったのか(1)ー鄭明析牧師 鄭明析牧師が歩んだ生涯の記録 わたしが歩んできた道より 作成:1995年 人はみんなそれぞれ自分だけの人生を生きている。私だけが歩んできた道はある面では栄光である...

あわせて読みたい
私をどのように教えつくって下さったのか(2)ー鄭明析牧師 鄭明析牧師が歩んだ生涯の記録 わたしが歩んできた道より 作成:1995年 日本の侵略の下で、明成皇后(1851~95年。高宗王の后で日本人に虐殺された)殺害事件を直接見...

親は私に自分たちの哲学を教えて、将来の人生を示してくれたが、私は都会に出て行こうという別の考えを持っていた。しかしそれでも都会に出て行くことができず、山奥に入ってお祈りの生活をして聖書を読んだ。

鄭明析牧師 キリスト教福音宣教会 修道生活時代の祈りの洞窟
鄭明析牧師 修道生活時代の祈りの洞窟 画像参照:鄭明析牧師サイト

聖書を読んでいると、もどかしい思いが込み上げてきて、時間さえあれば町に出かけ、人々に出会い、人生の話を語った。夜になると洞窟に再び戻って聖書を読み、お祈りをしながら人生を悟るようになったが、その度に神様は、人生を正しく生きなさいと隠密におっしゃった。姿勢が正しくないと腰も体も痛くなるように、人生を正しく生きないと、あらゆる苦しみがやってくるのだとおっしゃった。「金と名誉、女、良家よりも人生の主人である私をもっと愛しなさい。そうする時にあなたは地上で栄え、すべてがうまく進むのだ」。私の心の中に聞こえてくる声を通して、悟りを与えて下さった。そして「座って神様の声ばかり聞くのではなく、実践しなければならない」とおっしゃった。また「あなたが全身全霊を尽くして私に仕えて、変わらない心で私の御旨に従って行なうならば、あなたはこの世で認められるようになり、あなたを尊敬してついてくる群れが雲のように多くなるはずだ。その時にこの話をするようになるだろう」とおっしゃった。

天がまた私に悟らせて下さった御言葉があった。勤勉にいそしんで人生を学びなさい、ということだった。人生をどのように学ぶのかと聞くと、私に学びなさいとおっしゃって、もうひとつ教えて下さいと言うと、「心を広く持ちなさい」とおっしゃった。どのようにすれば心を広く持つことができるのかと聞くと、「世の中の理致を悟る時に、心が広くなり寛容になることができるのだ」、「聖書を読んで、いいと思うことを実践しなさい」とおっしゃった。それから「あなた自身の願いをかなえるためにだけもがかないで、私の願いを成すために全身全霊を尽くすならば、あなたの願いも何百倍も理想的に成し遂げられる」とおっしゃった。その時、生きている人がどうやって神様の願いをかなえて差し上げることができるのですかと聞くと、もう一度聖書を読みなさい、とそっと教えて下さった。聖書1読を数日間で終えた。読みながら、神様がすべての人を通して働いてこられたことを悟るようになった。私もそのように生きるべきだということを誓いながら祈った。「あなたが栄える道は、私の仕事をうまく成すことだ」と、イエス様がはっきりと幻で現れて、私の隣りに立って語られた。

このようにして20余年間、私に悟らせて下さった。その時に聞いたものを4千の箴言として書くようになり、その時に聖書の正しい解釈を聞きながら学ぶようになった。その方が悟らせて下さった御言葉通りにした。

1995年11月20日 月明洞にて
(このシリーズ終わり)

冒頭画像出典:鄭明析牧師公式サイト

あわせて読みたい
伝道、そのやりがいと苦痛(1)ー鄭明析牧師 鄭明析牧師が歩んだ生涯の記録 伝道、そのやりがいと苦痛ー私だけが歩んできた道より 蒸し暑い夏も過ぎ去り、雨粒がかなり冷たい季節が来てしまった。誰かが催促しなく...

あわせて読みたい
我が若き日の修道生活の日課(1)ー鄭明析牧師 ー鄭明析牧師が自身の若き頃、修道生活をしたときの話ー 昨日はたきぎを少ししか焚いていないせいか、明け方になる前に、既にオンドルが冷めて、むしろ私の体に助けを求...

あわせて読みたい
死のうとすると青春が惜しく、生きようとすると苦労ばかり(1)ー鄭明析牧師 文献:「私だけが歩んできた道」より 日差しが焼け付くように照りつけ、地表からは熱い蒸気が、まるで蒸し風呂の戸を開けた時のように燃え盛る火となって立ち昇ってくる...

あわせて読みたい
鄭明析牧師「母は私の前で涙をたくさん流した」 人生を生きて、波瀾万丈の紆余曲折を経ていない人はいません。人々はよく「私ほど苦労した人はいないだろう」と嘆いたりします。お互いに人生の対話をしたことがありま...

あわせて読みたい
「いつも泣いて人生を悲しんで嘆いていた。みんなが私を避けた。」鄭明析牧師 泣くからと言って、泣くことで終わってしまうのではなく、いつかその人が笑うようにもなるという事です。皆さんが悲しんでいるからといって、悲しみで終わってしまうの...

あわせて読みたい
【鄭明析牧師とベトナム戦争】神様を信じていても苦労はする ベトナム戦争に実際行ってみたら、すごい死の恐怖の中で大変だし、苦しかったんです。神様に祈ったんです。ここで生きて帰れるようにと祈ったんです。死の恐怖というの...

あわせて読みたい
いつも心配していた青年 鄭明析牧師(前編)ー何故神様を愛するようになったのか どうして私が神様を愛したでしょうか。私は飢えと寒さに悩み、いつも心配していました。何を食べたらいいんだろう、何を着ればいいんだろう、どうやって生きていけばい...

あわせて読みたい
鄭明析牧師が人種差別について話された内容 ベトナムでアメリカ人と一緒に働いたことがありますが、その中には白人も黒人もいました。黒人たちはコンプレックスを持っていました。それで私が「肌がやわらかい」と...

あわせて読みたい
鄭明析牧師がパラリンピックを見たときのこと 私の身内には障害を抱えた方がいらっしゃいます。 でも私はそれに対して何か気にしたことがありませんでした。 私が物心つく前からずっと接していたので、何か特別に思...

あわせて読みたい
摂理の鄭明析牧師ー台湾有力紙 新新聞にて掲載 台湾の有力紙 新新聞に鄭明析牧師の記事が掲載された。   掲載された新新聞の表紙   鄭明析牧師の記事掲載部分 【摂理教会ー詩人牧師が見た10年の鉄のカー...

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる