伝道、そのやりがいと苦痛(7)ー鄭明析牧師

鄭明析牧師 伝道

神様は私たちの真の牧者であり、イエス様は私たちの罪と咎をあまりにもよく知っていらっしゃり、義と功績についても詳しい方である。私は人生の中でこの方だけを認めてきた。

今は両親や兄弟たちがみんなこの福音の先頭に立って走っているので、私はやりがいをもってこの文章を書けるようになった。私のせいで父母兄弟たちは波乱万丈の人生を送った。今日の私を見て、両親が生きがいを感じているのを見ると、神様に感謝するばかりである。

86歳(*注1)の父は今朝、春一番の冷たい風が吹く故郷の裏山にある展望台(海抜450m)で3・1節(1919年の独立運動を記念する日)の朝のお祈り会に参加し、私が説教する御言葉をうなずきながら聞いていた。私の行く道を神様がより輝かせて下さったのだ。

長男インソク牧師、次兄のクァンソク牧師、みんな私のために憂いと切ない祈りが尽きることがないので、私はさらに責任感を感じるようになったし、また教会の人たちが絶えず祈り、命をかけて教会のために走ってくれたから、今日の私達の教会が生まれるようになったことを否定しない。

イエス・キリストと神様の恵みが、またその方を認める信仰が満ち溢れることを祈る。

*注1 86歳はこの文章を書いた当時の年齢で、97年に鄭明析牧師の父は亡くなっている。

(シリーズ終わり)

冒頭画像出典:鄭明析牧師公式サイト


あわせて読みたい
死のうとすると青春が惜しく、生きようとすると苦労ばかり(1)ー鄭明析牧師 文献:「私だけが歩んできた道」より 日差しが焼け付くように照りつけ、地表からは熱い蒸気が、まるで蒸し風呂の戸を開けた時のように燃え盛る火となって立ち昇ってくる...

あわせて読みたい
鄭明析牧師「母は私の前で涙をたくさん流した」 人生を生きて、波瀾万丈の紆余曲折を経ていない人はいません。人々はよく「私ほど苦労した人はいないだろう」と嘆いたりします。お互いに人生の対話をしたことがありま...

あわせて読みたい
「いつも泣いて人生を悲しんで嘆いていた。みんなが私を避けた。」鄭明析牧師 泣くからと言って、泣くことで終わってしまうのではなく、いつかその人が笑うようにもなるという事です。皆さんが悲しんでいるからといって、悲しみで終わってしまうの...

あわせて読みたい
【鄭明析牧師とベトナム戦争】神様を信じていても苦労はする ベトナム戦争に実際行ってみたら、すごい死の恐怖の中で大変だし、苦しかったんです。神様に祈ったんです。ここで生きて帰れるようにと祈ったんです。死の恐怖というの...

あわせて読みたい
いつも心配していた青年 鄭明析牧師(前編)ー何故神様を愛するようになったのか どうして私が神様を愛したでしょうか。私は飢えと寒さに悩み、いつも心配していました。何を食べたらいいんだろう、何を着ればいいんだろう、どうやって生きていけばい...

あわせて読みたい
鄭明析牧師が人種差別について話された内容 ベトナムでアメリカ人と一緒に働いたことがありますが、その中には白人も黒人もいました。黒人たちはコンプレックスを持っていました。それで私が「肌がやわらかい」と...

あわせて読みたい
鄭明析牧師がパラリンピックを見たときのこと 私の身内には障害を抱えた方がいらっしゃいます。 でも私はそれに対して何か気にしたことがありませんでした。 私が物心つく前からずっと接していたので、何か特別に思...

あわせて読みたい
摂理の鄭明析牧師ー台湾有力紙 新新聞にて掲載 台湾の有力紙 新新聞に鄭明析牧師の記事が掲載された。   掲載された新新聞の表紙   鄭明析牧師の記事掲載部分 【摂理教会ー詩人牧師が見た10年の鉄のカー...

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる