鄭明析牧師– 教会創設者 –

キリスト教福音宣教会についてチョンミョンソク牧師
鄭明析牧師の略歴

1945年に韓国の山奥、石幕里で誕生。9歳で教会に通い始める。最終学歴は小学校。卒業後は家業(農業)を手伝う。家はとても貧しかった。

イエス様が再びこの地上に来るという聖書の言葉を信じていた。しかし聖書を読めば読むほど「なぜ人間を神様は作ったのか?」「イエス様が来ると死人が全て生き返るのは本当のなのか?」と思ったが牧師に聞いても疑問はとけることがなく、祈りの日々を送っていた。

1966年から1968年に2回、ベトナム戦争へ韓国軍兵士として派遣。戦争時は一度も敵の命を奪うことは無かった。

1978年から本格的にソウルにて宣教開始。1985年から海外宣教が本格化し、今現在は世界70ヶ国以上に福音が伝えられている。

出版

1989年 詩集『霊感の詩』ベストセラー

1995年より 月刊文芸思潮で執筆

韓国100年史詩人に公式登載

創作

2011年 アルゼンチン・アートフェア2011 韓国から鄭明析牧師の作品『運命』が代表作品として選出

人気記事

鄭明析牧師とベトナム戦争

教祖様は鄭明析牧師ですか?

台湾有力紙に掲載 公開裁判の国民世論による「審理無き判決」

サイト紹介

【公式】鄭明析牧師サイト

鄭明析牧師の生涯 詳細サイト
123